動物の耳の病気
人間も犬や猫も耳の病気にかかるという記事でブログを作りました
プロフィール

maborosi1950

Author:maborosi1950
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物の耳の病気
①猫にも多い外耳炎の症状

耳の病気って人間だと赤ちゃんやボウズがよくかかるんや。

症状は頭痛がしたり、めまいちうわけや。吐き気、血が出るやらなんやら
人によってさまざまや。

耳は人間だけでなく、犬や猫やらなんやらのペットも耳の病気にかかりやすいと言われてい まんねんわ。

普段から可愛いペットである犬や猫やらなんやらをよく観察して
症状を見抜いて早期発見に努めたいやね。

・猫の外耳炎

外耳炎は猫の耳の病気では、一番多い病気や。
外耳道と呼ばれる耳の入り口から鼓膜の間が細菌の感染により、
炎症を起こす事を外耳炎とええ まんねんわ。

その原因は、耳垢がたまったりしてダニが繁殖することで起きまんねん。
これを防ぐには、普段から猫の耳を清潔に保ってあげることが
必要や。

治療には外耳道を洗浄消毒して、動物病院で抗生物質を散布することが
必要になるんや。

ウチが昔飼っとった、猫も耳の病気にかかったことがあるんや。
幸いすぐに治ったさかい良かったやけどアンタ、愛猫が苦しむ姿を見るのは
辛いものや。

普段からよく観察して、猫ちゃんの異常にはすぐに気付いて
あげられるようにしたいやね(^^;)

http://mimi-byouki.modestynet.com/

http://xn--7qw99r3ui.sblo.jp/ 

http://tmk16.seesaa.net/

http://maborosi1950.jugem.jp

http://blog.goo.ne.jp/maborosi1950/

http://blog.livedoor.jp/maborosi1950/

②犬の耳と病気の症状

耳の病気の症状といえば、痛いものや違和感、めまいやらなんやら
いろいろあるんや。
血が出たりすると、難聴になるのではと不安になるんやよね。

耳の病気は赤ちゃんやボウズに多いやけどアンタ、
犬や猫やらなんやらのペットにも耳の病気はかかりやすいと
いわれてい まんねんわ。

簡単に犬の耳の仕組みを説明しまんねん。
犬の耳は優れた器官で、その聴力は人間の数倍と言われてい まんねんわ。

小さな音を集めることができ、平衡感覚にも優れてい まんねんわ。
垂れ耳の犬や、毛の長い犬は耳の病気にかかりやすい
と言われてい まんねんわ。

犬の耳は、耳介・外耳・中耳・内耳に分けられまんねん。

耳の穴部分をさしとるのが外耳や。
音を集める耳介から鼓膜までつながってい まんねんわ。

中耳は鼓膜の振動を調節していて、鼓膜の奥に小さな骨で出来てい まんねんわ。

さらに奥には、聴覚と平衡感覚をつかさどる内耳があるんや。

・犬の外耳炎
アレルギー体質の犬や垂れ耳の犬によくみられまんねん。
外耳に炎症が起こる病気で、常に耳アカがたまった状態になるんや。

悪臭のある黄・茶色の耳垢がいっぱい出るようになるんや。
進行すると耳介の炎症や腫れ・ただれが見られるようになるんや。

そのため痒みがあり、耳の後ろの方をひっかいたり、頭を振ったりしたら
要用心や。

外耳炎はタレ耳の犬にようけ見られる病気やので、普段から
犬の耳をよく観察するようにしまひょ。

③犬の耳の病気のいろいろ

耳の病気といえば人間だけがかかるものではおまへん。
赤ちゃんやボウズに耳の病気は多いやけどアンタ、
実は犬や猫やらなんやらのペットにも耳の病気は多いや。

犬の耳の病気の種類には、
中耳炎・内耳炎・外耳炎・耳血種・耳かいせんやらなんやら
さまざまな症状の病気があるんや。

犬は人間と違い言葉を喋りまへんので、痛いとしても人間に伝える事ができまへん。
ウチたち人間が普段から最愛のペットである犬や猫を
見守ってあげることが大切やね。

中耳炎は、人間のボウズや赤ちゃんに多いやけどアンタ、犬の場合はどないな症状になるのでっしゃろ。

犬の中耳炎は、かゆみは無いのやけどアンタ痛みが激しいので、耳を触れられるのをひどく嫌がるようになるんや。
愛犬が耳をさわられるのを嫌がったら、中耳炎を疑ってみまひょ。

④中耳炎の痛みと症状 ボウズや赤ちゃんの痛み

耳の病気で犬や猫でなく人間の赤ちゃんやボウズによくある症状の
病気に中耳炎があるんや。

症状は、耳だれ(耳漏)や耳の痛み、聴力低下を伴い難聴になるのでは
といった不安もあるんや。

中耳炎(ちゅうじえん)とは、中耳に炎症が起こる病気や。
基本的には、細菌感染症であることが多いや。

赤ちゃんやボウズはプールや温泉やらなんやらで感染したりすることも
多いようや。

■その中耳炎の種類について

急性中耳炎
滲出性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎
好酸球性中耳炎:気管支喘息患者にみられる事のある難治性の中耳炎。
ニカワ状の耳漏(耳だれ)が特徴。再燃寛解を繰り返し、感音難聴が進行するちうわけや。

・耳内の状態を顕微鏡やらなんやらで観察することで、ほとんどの中耳炎が診断可能や。

■治療
一般的に、以下の処置を行う事で治療が可能とされてい まんねんわ。

・急性中耳炎には抗生物質による治療が効果的であるちうわけや。
また、鼓膜切開が行われる事があるちうわけや。

・慢性中耳炎に対しては、手術が必要。
せやけど、耳漏を一時的に止める場合には、抗生物質の投与と耳の処置で対抗可能であるちうわけや。

・好酸球性中耳炎に対しては、鼓膜へのチューブ留置術、
中耳内へのステロイドの局所投与、ステロイドの全身投与やらなんやらが行われとるちうわけや。
せやけど、まだ治療法は確立はされておらへん。

熱がでたり、膿がたまったり、ひどい時には鼓膜が破れたりもするので
抗生物質を用いた早期治療が大切や。

⑤犬・猫、赤ちゃんやボウズの耳の症状

耳の病気や症状といえば、赤ちゃんやボウズ、犬や猫やらなんやらは
耳の病気にかかりやすいと言われてい まんねんわ。

そないな耳の病気を防ぐには?症状にはどないな種類があるのか
といった情報を提供していきたいや。

よくある耳の病気には、中耳炎や耳鳴りやらなんやら異常や違和感を
感じる事があるんや。

中には脳の異常や、耳から血が出たりして難聴になるのでは?と
違和感を感じる人もいるでっしゃろ。

犬や猫の症状には、ダニが関連したものもあり
人間にも影響があるのではと不安になるかもしれまへんね。

耳でも後ろの方に違和感を感じる人もいたり、
症状にもいろいろと種類があるんや。

ボウズや赤ちゃんには漢方薬は効くのやろか?といったことや
症状にめまいが出る人、乳児の耳の違和感にはどうすれば
気付くのか?

そういった耳のさまざまな病気の症状や種類についての
情報をこのサイトでは紹介していきたいや。

ご家庭で犬や猫、ミニチュアダックスフントやトイプードルを飼っとる人は
耳の病気で悩むことも多いと聞きよるさかいに、そういったペットの
耳の症状についても調べていきたいや。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://maborosi1950.blog114.fc2.com/tb.php/1-f226e869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どんどん目が良くなるマジカル

どんどん目が良くなるマジカル・病院へ、中耳炎でした。肺・病気の症状の情報です。眠い 病気中耳炎・急性中耳炎(;_;)中耳炎・その後中耳炎・2007.7月・・・娘の病気 中耳炎の治療経過&記録・滲出性中耳炎という耳の病気・急性中耳炎・最近、病気をしていない中耳炎・真珠 病気を...【2007/09/26 09:22】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。